新たな省エネ法|再生可能エネルギーの一つである地中熱利用で環境を良くする
メンズ

再生可能エネルギーの一つである地中熱利用で環境を良くする

新たな省エネ法

男の人

地中の熱を活用

日本でも、現在は地中熱利用という新たな省エネ法が注目されます。地中熱利用で重要になるのが、地面と地中の温度差です。寒暖の激しい夏や冬には、特に地中熱利用のメリットが生きてきます。ある程度深さのある地中は、夏は気温よりも涼しく冬は暖かいという特徴を持ちます。こういった温度差を上手に活用しているのが、地中熱利用です。地中熱利用はアメリカをはじめとする欧米では、ポピュラーな熱利用のスタイルです。最近は日本にも地中熱利用を推進する団体が登場しており、普及の兆しが見えています。合理的に地中の熱を利用すると、家庭での冷暖房の効率が良くなります。専用の機器を設置して地中熱利用を始めれば、電気代の削減が可能です。

気を付けたい地盤の強度

新しい地中熱利用という方法を取り入れるに当たり、気を付けたいのが設置する地盤の強度です。地盤の強度が極端に弱い場所では、地中熱利用の利用が難しい場合があります。地中熱利用を行う際には、地盤の状態も十分にチェックを行います。プロの目に叶うだけの強度が必要です。昨今色々な地域で問題になっている、液状化現象が生じていると、導入は困難です。日常生活の中では、家の建っている場所の地盤にまで意識が向かない方が少なくないです。災害など機に初めて現状を知るといったパターンが多いと言えます。新しい省エネ法の導入を考える場合には、家の地盤を見直す所からスタートです。リスクの大きさによって、その都度良い方法を選択します。