様々なエネルギー利用|再生可能エネルギーの一つである地中熱利用で環境を良くする
メンズ

再生可能エネルギーの一つである地中熱利用で環境を良くする

様々なエネルギー利用

工事

地中の熱を活用

自然界には様々なエネルギー源があり、それらを活用することで、環境に負荷のかからない社会生活が可能になります。火力発電では限られた資源である石油を活用するうえ、たくさんの二酸化炭素が発生するため地球温暖化の原因にもなります。原子力発電は危険な核融合を活用していますし、核燃料の廃棄が問題となっています。それに対して、太陽光を活用した発電や地中熱利用による効率的な冷暖房の普及が進められています。太陽光発電は一般家庭に普及していますが、地中熱利用はまだ普及には至っていません。地中熱利用とは、年間を通して温度が変わらない地中熱を活用して、冬場は採熱を行い、夏場は放熱を行うものです。熱交換を効率的に行うことで、環境の負荷を減らすことができます。

熱交換の仕組み

地中熱は概ね15度くらいで安定しており、ほぼ年間の平均気温程度です。深ければ深いほど温度は上がりますが、通常の地中熱利用では地下100mくらいまで管を伸ばして地中熱を活用します。地下に伸ばした管の中にチューブを通すことで、そのチューブの中を不凍液や水が循環して熱を吸収、発散するのです。初期投資の費用がかかるため、建物の基礎杭を活用するなど、様々な工夫が進められています。大きな熱エネルギーではありませんが、北海道や東北地方ではわずかでも熱源は重要ですので、地中熱を活用した道路の融雪などが普及しています。太陽光発電のように日照に影響されることもなく、日本中のどこでも利用することができますので、今後の普及が見込まれます。