作業員

再生可能エネルギーの一つである地中熱利用で環境を良くする

新たな省エネ法

男の人

地中熱利用は、地面と地中の温度差を利用した省エネ法です。アメリカでは既にポピュラーな方法で、日本でも徐々に普及の兆しが見えています。地中熱利用を始めるに当たっては、地盤の強度を調べておきます。地盤の弱い場所には、設置が難しい場合もあります。

More...

住宅の省エネを考える

住宅

再生可能エネルギー

地中熱利用は、最近注目されている再生可能エネルギーのひとつです。地中熱とは浅い地盤中に存在する低温の熱エネルギーで、大体地下10〜15mくらいになれば、気温の影響を受けずに年間を通して一定です。つまり夏場は大気温より低く、冬場は大気温より高いのです。その温度差を冷暖房などに活用しようというのが地中熱利用です。地中熱利用をすれば、電力だけで稼働させるよりも効率よく冷暖房を使えるので、省エネとCO2削減が両立できます。さらに、地中熱利用の設備にはエアコンのように放熱用の室外機がないので、騒音が激減する上にヒートアイランド現象の下にもなりにくいのです。また、地中熱交換器は密閉式で、環境汚染の心配もありません。地下に埋設しており、地震の影響も比較的受けにくいのも特徴です。さらに、地中熱利用は日本中どこでも、設備があれば始められます。

知っておくと役立つこと

地中熱利用を始めるためには、まず地中熱利用設備を整える必要があります。専門の業者が複数存在しますので、まずは業者選びから始めましょう。設備自体のコスト、設置コストはそれなりにかかりますが、地中熱利用設備はメンテナンスがほとんど不要で、しかも半永久の耐久性があるので、ランニングコストが非常に低いのが特徴です。また、地中熱利用を含む再生可能エネルギーは、普及のために補助金制度が設けられています。環境省や経済産業省などの国の補助金から地方自治体が設けている補助金など、いくつか制度がありますので、お住まいの地域や自身の状況によって受けられる補助金があるかどうかチェックしておくのが大切です。うまくいけば、イニシャルコストの負担を補助金でカバーできる可能性があります。

自然環境に配慮した家を

作業員

地中は常に一定の温度に保たれているので、この地中熱利用をした家は室内の温度変化や冷暖房費を抑えることができるので人気があります。地中熱利用する家は、導入費用が高額になりがちですが、地方自治体によっては補助金制度を設けている場合もあるので諦める前に問い合わせることが大切です。

More...

様々なエネルギー利用

工事

自然環境に負荷を与えないエネルギーの活用が大切であり、地中熱利用による効率的な熱交換が注目されています。温度が一定である地中の熱を利用して、冬は暖房に、夏は冷房に役立てられています。日本中で利用可能であることから、今後の普及が見込まれます。

More...